カルシニューリン(PP2B)の恒常的活性化機構と神経細胞死制御     ーカルシニューリンとカルパインのクロストークー

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)533-537
Number of pages5
Journal細胞工学
VolumeVol.23
Issue numberNo.5
Publication statusPublished - 2004

Cite this

@article{bb2d6cff6d424456a47640c8e398b490,
title = "カルシニューリン(PP2B)の恒常的活性化機構と神経細胞死制御     ーカルシニューリンとカルパインのクロストークー",
author = "Hideki Matsui",
year = "2004",
language = "Japanese",
volume = "Vol.23",
pages = "533--537",
journal = "細胞工学",
number = "No.5",

}

TY - JOUR

T1 - カルシニューリン(PP2B)の恒常的活性化機構と神経細胞死制御     ーカルシニューリンとカルパインのクロストークー

AU - Matsui, Hideki

PY - 2004

Y1 - 2004

M3 - Article

VL - Vol.23

SP - 533

EP - 537

JO - 細胞工学

JF - 細胞工学

IS - No.5

ER -