エリーザベトとエルザ----リヒャルト・ヴァーグナー『タンホイザー』、『ローエングリン』の女性像におけるアウトサイダー性について----

Shinzou Miyake

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)15-24
Number of pages10
Journalドイツ文学論集(日本独文学会中国四国支部)査読付き
Issue numberissue 35
Publication statusPublished - 2002

Cite this

@article{a68aebf65d034d03b79f6158bbfd104e,
title = "エリーザベトとエルザ----リヒャルト・ヴァーグナー『タンホイザー』、『ローエングリン』の女性像におけるアウトサイダー性について----",
author = "Shinzou Miyake",
year = "2002",
language = "Japanese",
pages = "15--24",
journal = "ドイツ文学論集(日本独文学会中国四国支部)査読付き",
number = "issue 35",

}

TY - JOUR

T1 - エリーザベトとエルザ----リヒャルト・ヴァーグナー『タンホイザー』、『ローエングリン』の女性像におけるアウトサイダー性について----

AU - Miyake, Shinzou

PY - 2002

Y1 - 2002

M3 - Article

SP - 15

EP - 24

JO - ドイツ文学論集(日本独文学会中国四国支部)査読付き

JF - ドイツ文学論集(日本独文学会中国四国支部)査読付き

IS - issue 35

ER -