わが国における義務研究の到達点-担保保存義務違反によって「損害賠償責任」は発生するか

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)137-158
Number of pages22
Journal法学と政治学の新たなる展開・岡山大学創立六十周年記念論文集・所収
Publication statusPublished - 2010

Cite this

@article{22f75362c65b451682e98236f56ea48c,
title = "わが国における義務研究の到達点-担保保存義務違反によって「損害賠償責任」は発生するか",
author = "Hiroaki Tsuji",
year = "2010",
language = "Japanese",
pages = "137--158",
journal = "法学と政治学の新たなる展開・岡山大学創立六十周年記念論文集・所収",

}

TY - JOUR

T1 - わが国における義務研究の到達点-担保保存義務違反によって「損害賠償責任」は発生するか

AU - Tsuji, Hiroaki

PY - 2010

Y1 - 2010

M3 - Article

SP - 137

EP - 158

JO - 法学と政治学の新たなる展開・岡山大学創立六十周年記念論文集・所収

JF - 法学と政治学の新たなる展開・岡山大学創立六十周年記念論文集・所収

ER -