ただし、クロードは死んでいません」:1886年のアンソールとヴェラーレン、ゾラ、「印象主義」(1)

Research output: Contribution to journalArticle

Original languageJapanese
Pages (from-to)47-64
Number of pages18
Journal『岡山大学文学部紀要』
Issue numberissue 31
Publication statusPublished - 1999

Cite this